スポンサーサイト

  • 2017.09.05 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ☆★メールマガジンのご紹介★☆

    • 2013.10.21 Monday
    • 18:21
    先月に引き続き、エバーロマンスのメルマガの内容をご紹介します!
    毎月配信予定のメルマガには、作家さんインタビューを掲載します。
    第3号の作家は立花実咲先生でした。
    そちらの模様をお届けいたします!


    ★ ☆ ★


    9月25日に『シンデレラの靴は脱げない』が発売になった立花実咲先生にインタビューいたしました!

    ★ プロフィール
    立花実咲
    Misaki Tachibana
    誕生日:12月12日(射手座)
    血液型:(?)
    好きなもの:少女漫画、洋画(ラブコメ大好きです)、オレンジ、チョコレート
    嫌いなもの:爬虫類系が苦手です><

    Q:今回の作品のおすすめポイントを教えてください。
    A:地方を舞台にしたお話というところ、登場人物たちに温かみがあるところでしょうか。
    突然のロマンスだけど、どこか身近に感じられるようなハートフルなストーリーになっていると思います!
    ぜひ主人公を取り巻く脇役たちにも目を留めていただけたら。

    Q:小説を書き始めたのはいつからですか? また、きっかけは?
    A:小学生のころに自由研究で手作り絵本を作って、小さなコンテストだったけど金賞をもらったことがあります。
    地元新聞社のポエムコーナーに投稿して載せてもらったり、国語の授業で詩集を発表したりなど振り返ってみればたぶんそこからがはじまりだったのかなと思います。
    その後、社会人を経験して、結婚して、落ち着くころ、友人と一緒に小説を書きはじめたのですが、共感してもらえる喜びを感じるうちに、いつの間にか……という感じです。

    Q:作品作りでふだんから心がけていることはありますか?
    A:自分らしさというか自分ならではの雰囲気や世界観をだせるようにすることでしょうか。難しいんですけどヒロインに共感をもってもらえるように、ヒーローについてはこんな人がいたらいいなと思ってもらえるように。
    あとは必ずどこかでドキドキしたりホッとしたりキュンとできるもの、読後感のいいものを目指しています。

    Q:小説を書いているときに楽しいこととつらいことを、それぞれ教えてください。
    A:登場人物たちが脳内で勝手に動いてくれると、自分もドキドキわくわくしながら書き進められます。
    書きおえて一つの物語が出来上がると幸せな気持ちになります。
    反対に辛いことは、どうしても自分の思い描く通りに文章が浮かんでこないときです。

    Q:執筆中の気分転換方法は?
    A:日頃から心がけている散歩、ストレッチ、ヨガですね。あとは映画と漫画です! 文字ばかり見つめているので映像が恋しくなります。
    あとはヒーリング系の音楽聞いてみたり、ピアノを弾いたりします。友達と温泉やエステでデトックスしたりすることもあります。
    公園でパソコンを広げてやることもあります。この間は偶然チェロ弾きの方に出会い、とても癒されました。

    Q:書いている作品はラブストーリーですが、ふだんお読みになっている小説のジャンルは?
    A:本当に雑食で色んなジャンルの本を読みます。一般小説はもちろん、ロマンス小説、乙女系小説、TL(ティーンズラブ)小説、BL(ボーイズラブ)小説、なんでも読みます。

    Q:今後、どんな作品を書いてみたいですか?
    A:色んなジャンルのラブストーリーを書けるようになるのが目標です。
    今はロマンス小説、乙女系小説、TL小説、が多いのですが、BL小説もこそこそと書いていたりします。
    どれも共通して「お互いを想う気持ち」を丁寧に描けたらいいなぁと思ってます。
    いつか世界観を広げたシリーズ小説を書いてみたいです。

    Q:最後に、読者さんにメッセージをお願いします。
    A:初めましての方も、いつもありがとうの方も、こんにちは。立花実咲です。
    またひとつ新しいラブストーリーが生まれました。楽しんでいただけたらいいなぁと思っています。
    ぜひ編集部宛&私信にてご感想をお寄せください。何か反応があると嬉しいです。
    いつも支えてくださる皆様ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いします!

    ★立花先生、お忙しいなかありがとうございました!
     

    ★ ☆ ★


    ☆以上、メルマガの一部をご紹介いたしました。
    いかがでしたか?
    作家さんインタビューが読めるメールマガジンへのご登録はこちらからどうぞ!

    スポンサーサイト

    • 2017.09.05 Tuesday
    • 18:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM